Category archive: 大麻

テネシーウイスキーという大麻の歌

かなり久しぶりにCDを買った。しかもカントリーだ。トランスでもアンビエントでもサイケデリックロックでもなくカントリー。

アメリカ中西部ケンタッキー州出身のクリス・ステープルトンは、カウボーイハットをかぶった髭面の屈強な荒くれ男という印象。昨年リリースされたソロデビューアルバム『トラベラー』は、ビルボード1位を獲得し、今月15日に発表されるグラミー賞にもノミネートされている。

Read more…

ハイ・タイムズのビジネスプラン ティッピングポイント後の大麻

大麻合法化を支持するアメリカ人の数が過半数を超え、ティッピンポイントとなった2013年から2年。大麻産業は10年以内に350億ドル規模に成長すると予想されている。それにともない、大麻を取り巻くカルチャーも、ラスタカラーや絞り染のシャツを着た長髪ストーナーのものから、病気の子供を持つ親、起業家や投資家、薬効を研究する科学者たちが真剣な関心を寄せる産業へと移り変わってきている。

Read more…

大麻コンセントレーツ基礎講座 (1) BHO、CO2、ロジン

世界で合法化の流れが進み、大麻がより多くの人に受け入れられつつある背景には、コンセントレーツ(濃縮物)市場の拡大がある。バッズを乾燥させてパイプやジョイントなどで喫煙する従来の大麻ももちろん人気だが、大麻草からカンナビノイドを抽出したワックスをベポライザーで気化、健康被害を最小限におさえて吸引したり、ハイにならないCBDオイルを治療薬として経口摂取したりといった選択肢が現れたことが、大麻に対するイメージを改善し、喫煙に抵抗があった層も取り込んで市場を拡大してきた。合法州の大麻ショップでは売り上げの約半分がコンセントレーツ商品だそうだ。今後もコンセントレーツが合法大麻市場を引っ張っていくことは間違いない。

Read more…

ヴェポライザーの選び方

大麻産業が盛んになるにつれ、新たな喫煙方法やクオリティの高い喫煙具が次々と出てくるが、なかでも健康被害を最小に抑えるヴェポライザーは人気。数あるヴェポライザーの中から自分の用途にあったものを選ぶには何に気をつけたらよいのか。そのポイントをまとめてみた。

Read more…

バシャールがおしえる、マリファナの正しい使い方

3rdeye

バシャールとはアメリカ人ダリル・アンカを通じてチャネリングされる地球外の未来人。宇宙の仕組みや人間がどうやって現実を作っているのかなどをユーモアをまじえておしえてくれる。

バシャールが言うには、大麻がもつ振動数は物質レベルの世界よりも高く、テンプレートレベルの少し下なのだそうだ。

Read more…

ヒッピー導師 スティーブン・ガスキン

ヒッピー界の象徴的人物、スティーブン・ガスキンが昨年7月1日に79歳で亡くなっていた。1971年、テネシー州サマータウンに開いたコミューン「ザ・ファーム」は今も健在で、200人ほどのメンバーが暮らしている。

ガスキンは大の大麻愛好家。ハイ・タイムズにもよく寄稿し、「金銭を介さずに、愛をもって育てられたものが、もっともクリーンな良い大麻だね」などと語っていた。コミューンではアルコール、タバコ、LSDは禁止だったが、大麻は聖なるものとして栽培し、大麻草の傍らに裸で座り、フルートを吹いて聴かせていたとか。

Read more…

『マリファナ合衆国』電子書籍が出版されました

私のはじめての電子書籍『マリファナ合衆国:アメリカの合法化政策を通して学ぶ、大麻との上手なつきあいかた』がアマゾンKindleストアにて発売されました。

大麻を合法化し、新しい薬物政策の実験をはじめたアメリカでは今なにが起きているのか? 大麻業界の最新事情に関心のある方は必読の1冊。第2部には、これまで語られることのなかった、コロラド大麻観光ガイドを収録しました。

マリファナ合衆国:アメリカの合法化政策を通して学ぶ、大麻との上手なつきあいかた

Read more…

コロラド州合法大麻ショップ よくある質問

depofrevenue

雄大な自然。年間300日以上晴天。さらさらパウダースノー。そしてハイクオリティなマリファナ。海抜1マイルに位置するためマイル・HIGH・シティと呼ばれるデンバー市。さらにNBAチームはナゲッツ(=大麻のバッズを指すスラング)。コロラドいいところですよ。コロラドで合法的に大麻を楽しむために知っておきたい事柄をまとめました。

かつてはお互いを嫌いあっていた大麻ユーザーと警察ですが、大麻が合法となった今、両者は仲直りして握手をかわしました。警察は世界初の合法大麻販売が円滑に進むように働いています。大麻ユーザーもルールを守り、明るく安全な大麻市場を築きましょう。

Read more…