日本でも合法 濃縮CBDヘンプオイル


昨年8月にアメリカで放送され反響を呼んだ、CNNのドキュメンタリー番組『WEED』は、従来の治療法では効果がみられなかった症状が大麻によって劇的に改善されてゆく様子を信頼の高いレポーター、サンジェイ・グプタ医師が紹介したもの。番組の影響か、大麻に含まれる成分のひとつ、CBD(カンナビジオール – アメリカ英語の発音だと「カナビダイオ」と聞こえる)が注目を集めている。

大麻からは100種類以上のカンナビノイドが発見されているが、これまでは精神に作用するTHCばかりが注目されてきた。CBDは精神には作用せず、いわゆる「トリップ」はしない。そのため話題になることは少なかったが、最近の研究で医療効果が高いことがわかり、需要が急上昇。医療大麻合法州では、ハーレクイーン、AC/DC、カンナトニック、そして『WEED』に登場した5歳のシャーロットちゃんの名前を冠したシャーロット・ウェブなど、8-15%ほどのCBDを含む品種が盛んに栽培されるようになってきた。

THCの高い大麻を吸うと不安感が現れたり、物忘れが起きることがあるが、CBDはそのようなTHCの副作用を逆転させる。これは以前より知られていたことだが、さらに最近の研究では、がん細胞の増殖を阻止する(がん細胞を自殺においやる)働きもありそうだということがわかりはじめている。けいれん、ひきつけ、炎症の治療、不安感の解消、不眠症治療などにも効果があるようだ。

カンナビノイドの人体における研究はまだ始まったばかりで、データが少ない状況だが、研究の詳細に関心のある方は、アメリカ国立医学図書館の論文検索サイトPubMedや、O’Shaughnessy’sといったサイトで記事を探してみるとよいだろう。

大麻の茎または種から製造された製品であれば日本にも輸入できる

CBDは大麻の花(バッズ)や葉にもっとも多く含まれているが、茎から抽出することも可能。米国の法律は、茎または種から製造され、なおかつTHC含有量が0.3%以下であれば大麻製品の輸入を許可している。昨年あたりからよく見かけるようになった、高CBDヘンプオイルは国外で栽培された産業用ヘンプの茎からCBDを抽出し、輸入、精製した合法的な製品(*1)。「全米50州で合法」とうたわれ、インターネットなどで販売されている。日本の大麻取締法でも、大麻草の成熟した茎と種子は規制対象外になっているので、産業用ヘンプの茎を原料にしたCBDオイルは日本でも合法だ。

CBDオイルはFDA(食品衛生局)認可の医薬品ではなく、栄養補助食品(サプリメント)に分類される。抽出・濃縮したCBDは黒いワックス状で、ヨーグルトや蜂蜜などに混ぜて飲むか、カプセルに入れて飲むとよいだろう。食用のヘンプシードオイルやアルコールなどで希釈したチンキ剤も人気。こちらは、マイルドな症状やストレス緩和に効果がありそうだ。塗り薬やガムもある。ちなみに食用のヘンプオイルにも極々わずかなCBDが入っているようだ。

高CBDヘンプオイルもCBDには変わりないが、CBD率の高い大麻草全体から抽出されたメディカルグレードのCBD製品とは別物と考えた方がよいだろう(メディカルグレードのCBD製品もFDA認可の医薬品ではない)。通院中の方は医師に相談の上、CBDオイルを使用することをお勧めする。

CBDオイルのメーカーの中には、お金で評判を買い、知名度をあげることにばかり積極的で、品質のよい製品を安価で提供して信頼を築いてゆくことを後回しにしている悪質な会社もある。藁にもすがりたい思いの患者さんたちを食い物にすることはやめてほしいものです。

10月26日追記:
あるCBDオイル会社の裏事情を調査したレポート。英語ですが、関心のある方には興味深い内容です。
Hemp Oil Hustlers: A Project Cbd Special Report On Medical Marijuana Inc., Hempmeds And Kannaway 

*1 ヘンプからCBDを抽出する場合、たとえ精神作用がなくても、米国では違法とみなされる可能性がある。DEA(麻薬取締局)は、CBDやすべての植物由来カンナビノイドを一括して「テトラハイドロカンナビノール」と分類し、スケジュールI薬物として規制対象としている。

Share this:

2 comments, add yours.

Love S. Dove

Author

柔枯さん

コメントありがとうございます。
吉本ばななさん、好きなんですね〜!私も少しですが読んだことあります。
感覚を感覚のままで伝える、たしかにそんな感じですね。
大麻には言葉として表現される以前の感覚的なものを体感させてくれる働きがあるように思います。
ですが、私の場合は、吸って本を読むのは難しいです。
何度も同じところを読んでいたりします。。。

柔枯

最近見つけ、楽しく読ませて頂いてます。

ご紹介の商品の効能は読書の際なんかには良さそうな気がしますけど、あまり何度もは使えなさそうですね………

自分は合法ハーブを利用しながら吉本ばななの小説を読むのが好きです。

ハーブはおすすめ出来ませんが、あの人の小説を読む時にはどうしても心を無防備にしていたいのです。

なんと言うか、すごく感覚を感覚のままで伝えようとしてくれる人なので、心が受けとる前に頭が働いて余計な整理をしちゃうのが悔しいのです。

コメントを書く