ミッションステートメント

サイケデリックス、またはエンセオジェンと呼ばれる、精神に作用する植物や化学物質、いわゆる「幻覚剤」「ドラッグ」と、それらを用いて意識を変え、自己変革することがこのサイトのテーマです。

ドラッグというと、廃人になってしまう恐ろしい麻薬だとか、寂しい人や問題を抱えている人が現実逃避や反抗のために手を出すものだ、という声が聞こえてきそうです。しかし、高校生のころはじめて大麻を吸って以来、さまざまなドラッグを体験してきた私がたどりついた答えは、意外にもまったく正反対でした。サイケデリックスは私の人生を変えました。生きていくために本当に大切なことをつかみとることができました。私がサイケデリック体験から学んだことは、自己としっかり向かい合い、問題がおきれば逃げずにひとつずつ解決し、感謝しながら毎日をていねいに生きることです。私にとってのサイケデリック体験は、お金では買えない貴重な宝物です。そしてその宝物は人類や地球をよい方向へ導くお手伝いをするためにいただいたものだと思っています。

私たちは身体を強く健康に保つために、バランスのとれた食事をとり、適度な運動をします。同様にサイケデリックスは、マインドとスピリットを強く健康に保ち、創造のリズムと波長を合わせ、心ある道を歩いて行くためのメディスンなのです。

太古の昔から世界各地で、幻覚性植物は人類の身近にありました(神々のドラッグ、エンセオジェンってなあに?)。物質の世界と精神の世界がしっかり繋がっていた時代、シャーマンは気軽に意識を変容させ、聖なるものとコミュニケーションをとったり、病気の治療をしたりしていました。また、幻覚性植物がなかった地域では、瞑想のテクニックが発達しています。ドラムやダンス、チャンティング、呼吸法などによって人々は変性意識状態になり、精神を豊かにしていました。

昔も今も、意識を広げることへの興味はつきません。その人類の自然な欲求を抑圧し、魂の世界を否定する、物質的な豊かさばかりを追い求めるという不自然な行いから、近代社会ではさまざまな問題が生じているように思います。このバランスのくずれが、貧困や環境破壊といった形で物質の世界に出現し、私たちの日常が、かつてあった姿から、ずっと遠くへ離れてしまったことへの警告を発しているかのようです。大自然の中で行われるレイヴパーティーに集まり、夜通し踊り明かす人々を見ると、失いかけたなにかを取り戻そうと必死にもがいている姿にも見えるのです。

人の人生を根底からくつがえしてしまうほどの力をもつサイケデリックスは、私たちの精神を豊かにし、成長を助け、世界をよりよくする可能性のあるものだと信じています。人類が今、直面している変容と浄化の時代を生き延びていくためのヒントがそこにあると私は思います。

サイケデリックスの有益性は見直されつつあります。いつの日か、自己探究やセラピーのために誰もが安全な環境で使用し、上手に生活に取り入れることができるようになる日がくると想像しています。

知覚の扉を開いた人たち、自由にクリエイティブに考える人たちをユナイトし、ガイドとなれるよう、微力ながら尽力していきたいと思います。

Love S. Dove