header_mjusa
rss twitter tumblr mail

インターナショナル・ドラッグポリシー・リフォーム・カンファレンス

21歳のイフェタヨ・ハーベイさんは麻薬戦争の被害者のひとり。父親は70年代にアメリカへやってきたジャマイカからの移民で、おとり捜査官にコカインを売り、8年服役した後、ジャマイカへ送還された。父親不在の子供時代。「コスビー・ショー」のような家族にあこがれていたというイフェタヨさん。しかし、それは決してかなわない夢であることも知っていた。

Read more…

知覚の扉を閉じる時 マジックマッシュルーム体験

ここ数年、積極的にサイケデリックスを探すことはしなくなったが、1年に一度か二度、よい出会いが訪れたらいいなと思っていたら、実際にそんなかんじになった。サンフランシスコ在住のポットヘッドさんが先月、デンバーに遊びに来て、彼のお気に入りのジャムバンド、ロータスを一緒に見に行った。そこでマッシュルームを買い、家に持ち帰った。

Read more…

嗜好用大麻の税率は高すぎる? 活動家が大麻を無料配布して抗議

コロラド州とワシントン州の嗜好用大麻の合法化が決定してから、もうすぐ1年が経とうとしている。来年1月の一般向け大麻ショップオープンを目前に控えたコロラド州は、来る11月5日の住民投票において、嗜好用大麻への課税率を有権者に問う。

プロポジションAAと名付けられたこの法案が可決されれば、大麻の流通・販売過程において2種類の税が課される。栽培者が大麻を小売店や加工業者へ卸す際に発生するエクササイズタックスが15%、小売店が消費者に販売する際に発生する消費税が、現在の一般消費税2.5%に加え、10%(後に15%まで上がる可能性あり)。デンバー市では、さらに3.5%の消費税課税の承認が問われることになっている(こちらも将来的に15%まで上がる可能性あり)。

Read more…

サイケデリック格言集プロジェクト 翻訳者募集(報酬あり)

久しぶりの投稿です。みなさん、元気ですか?

みなさまからの寄付やカナビスカップのお土産の売り上げと支出を計算してみると、エンセオーグのお財布に1万円ほどの残高があることがわかりました! そこで、この1万円を報酬として、翻訳者を募集し、サイケデリック格言集を作ります。100件の格言を用意しました。1件100円で翻訳をお願いします。英語から日本語への翻訳です。未経験者歓迎ですが、翻訳スキルが必要なので、かんたんなテストを実施します。

Read more…

第1回USカンナビスカップ in コロラド州デンバー

cannabisucup

4月20-21日、第1回USカンナビスカップに行ってきた。主催のハイタイムズは、これまでもコロラド州でメディカル・カンナビスカップを開催してきたが、今年のカンナビスカップは特別だ。なにしろ昨年の合法化後初の開催であり、さらに今年は4月20日が週末にあたったため、他州から大麻ツーリストたちが歴史を目撃するために押しよせてきたのだ。聞くところによると、南部のある都市では、ふだんは1日4本のデンバー行きフライトが、イベント前日の19日には14本も飛んだという。

Read more…

マジックフライト ランチボックス ヴェポライザー レビュー

マジックフライトランチボックス

禁煙の建物に引越したので、匂いがあまりしないというヴェポライザーを買った。購入したのは、マジックフライトランチボックス(Magic Flight Launch Box)という木製のマッチ箱みたいなものだ。最近、携帯型ヴェポライザー市場は活気にあふれ、新製品が次々登場している。ほとんどはオイルやワックスなど濃縮物専用のペン型タイプなのだが、マジックフライトは乾燥ハーブ用で、手のひらに収まる小ささと、3-5秒という速さで気化できる温度に達する点が魅力的である。

Read more…

なぜドラッグを使うのか。意識を変えることの意味 (1)

世紀末のインド、ゴア。毎週水曜日は、サイケデリックなバティックやアクセサリーが並ぶ、アンジュナビーチのフリーマーケットの日だ。ビーチ沿いのレストランは買い物帰りの旅行者を呼び込もうと、ダンスミュージックを流し始める。ビーチには牛がうろつき、捨てられた空のペットボトルをばりばり食べている。

Read more…

ドラッグ開発者アレクサンダー・シュルギンの近況

アレクサンダー・シュルギン

シュルギン夫妻のオフィシャルサイトに先日、奥さんのアンから、サーシャことアレクサンダー・シュルギン博士の健康状態についての報告があった。現在87歳の彼は、痴呆がはじまっており、24時間態勢の介護が必要な状態。2年ほど前に発作を起こし入院したことは、ツイッターでもお知らせした。また、足にできた腫瘍のために手術も受けている。

Read more…

合法化のその後:個人広告サイトで大麻を買う(もらう?)

freemarijuanaad

仕事に不動産、車、家電製品、そして恋人にいたるまで何でもここで調達するという人がいるほど、アメリカでは大人気の「クレイグズリスト」という個人広告サイトがある。私もルームメイトを探したり、中古家具の売買のために利用したことがあるが、誰でも簡単に投稿でき、オークションのような評価システムもなく、広告の内容もモニターされていないため、詐欺に利用されたり、売春のお客さんを探す人がいたりと、問題になることもよくあるサイトだ。

Read more…