大麻愛好家が大麻合法化に反対する理由


このタイトル、いいえ、見間違いではありません〜。

ネットから伝わってくる範囲でしかわかりませんが、日本では「大麻汚染」報道が醜いことになっている様子。私は大麻愛好家ですが、日本での合法化(非犯罪化ではない)は、まだまだ早いと思っています。

その理由は、ライターをすぐに無くしてしまうから!ではない。レイジーになるからでもなく、友人が気管支炎になったり、別の友人が肺気腫を患ったりしたからでもありません(二人とも10年以上、ほぼ日常的に吸っていた)。インドに行ったときに会った、挙動のおかしい日本人。昔たった1度だけ大麻を吸ったら、統合失調症(当時は精神分裂病か)が発病したという人がいました。しかし、それも合法化に反対する理由ではありません。(彼は大麻を吸ったら気持ちが悪くなり、ふと足下を見ると血の海になっていたそう。そばに友達がいるのに、血の海のことをなにも言わないから、おかしいなーと思ったそうです)

じゃあなんで?という話ですが、ではもし今、日本で大麻が完全に合法化されたらどうなるのか? 一般的な日本人はどのように扱うでしょうか? 節度をわきまえて、行儀よく付き合うことができるのでしょうか〜? また、吸うか吸わないか、主体的に判断することができる国民なのでしょうか。

日本人は、節度をもって楽しむことがヘタクソ

オランダでは、合法じゃん、という話がよくでてきますが、最近ある町では、コーヒーショップの営業を禁止しました。ロッテルダムに続き、アムステルダムでも、学校の近くにあるコーヒーショップを排除するそう。これによりアムステルダムでは、人気店のブルドッグなどを含む43件が閉店することに。マジックマッシュルームが禁止になることも、先日お伝えしたとおり。

その主な理由は、外国人ツーリストのお行儀がよろしくないからだとか。

アメリカでは、もちろん酒もタバコも合法ですが、公園や路上などの公共の場で、派手に酔っぱらっている人はまずいない。週末のバー付近でちょっと大きな声を出す程度ならあるし、大晦日も酔っぱらうことが許されている日です。しかし、スーツ姿のいい大人が酔いつぶれてゲロ吐いて道や駅で寝ていたりはしない。

私は日本でトランスパーティーに出会ったわけですが、アメリカに来たばかりのころはパーティーに行っても、どこか節度をわきまえている「大人」な人たちに、ちょっと物足りなさを感じていました。すごく熱気はあるんですよね、楽しいですよ。でも、いったい何をどれくらいしてそんなになったのかっていう人は(滅多に)いない。ストレス発散のために踊りに来て、自己中心的な負のエネルギーを感じることは、まああるけれど(ニューヨークは特に)、スピーカー前に張り付いて、ほとんど休まずフルパワーで踊り続けることを誇りとしているような人がいない。根性がたりない?情熱がたりない?とその状況に物足りなさを感じてた。

でも、次第に日本人のこのヤケッパチなかんじは、加減がつかめずにハメをはずしすぎてしまうからなんだと思うようになったんですよ。根性をみせることを美徳とする文化もありますよね。で、その理由はモラルの高い国に住み、普段から抑圧を強いられる生活をしているから、その反動なんじゃないかと。

日本人は、旅先やパーティーや宴会などの場になると、節度をもって楽しむことがヘタクソなんだと思います。特に集団になるとね。

違法だから、うまくいっている場合もある

大麻は違法だ。違法なことをするというリスクがあるのに、それでも吸い続けるという人は、なぜ自分は大麻を吸うのか?をどうしても考える。主体的な選択を迫られる。なにが正しいのか、正しくないのか、自分の頭で考えて決めなくちゃならない。しっかりした自分の価値観を確立して、まっすぐ前を見て歩いていかなきゃ。

そのような人たちが集まって楽しんでいるあいだはいい。たいてい、小さな輪の中に、その道をよく知っている先輩がいて、大麻道を伝授してくれたりする。そうやって、上手なつきあい方のできる人材が育成されていく。

狭い輪の中で健全な?密度の高いやりとりがされていた初期のミクシィも、人が増えるにつれて、2ちゃんねるとあまり変わらなくなったと言われる。現在、一部の人の間だけで楽しまれている大麻も、合法化されれば、「みんなが吸ってるから、吸わなきゃ!」的に、競い合うように安易に吸うようになり、ミクシィの2ちゃんねる化と同じような状況をまねくんじゃないかと思うんです。

誤解されそうですが、私は大麻はすばらしいと思ってる。神聖な植物だと思ってる。人のこころにどんな効果を及ぼすのかをよく理解してるつもり。だから、もし合法化されたらどのように扱われるのかを想像すると、なんか心苦しいんですね。(こりゃ、選民思想かしら?)

より多くの人が、法を犯すリスクをとらずに大麻のすばらしさを知ることができれば、世界は少しよくなるかも。でも、それはゴールであり、それを実現するためのしっかりした土台ができていない今の日本には、合法化はまだ早いと思うわけです。

Share this:

One comment, add yours.

博人

合法化反対ですね。

メリットは吸ったことがある人が大麻をお求め安くなる、というだけかと思います。
吸ったことがない人にとっては現状維持でも何ら問題なく、経験程度に試してみたい、程度のことです。

ストレス云々は現に大麻がなくとも問題なくやっていけている人がたくさんいますし、
ストレス発散の方法は別にいくつもあります。

社会システムを混乱させる危険が増えると思います。
社会全体の生産効率は確実に低下するでしょう。
バンクーバーを歩けばわかります。

身を持ち崩す人が確実に増えると思います。
更に深刻なドラッグを売る反社会勢力が跋扈するだけです。
アメリカの大麻合法化は流れとしてありますが、けして正しいとは思いません。
アメリカは既に蔓延し過ぎているのであって、日本の参考にはなりません。

コメントを書く